車両と業者

軽貨物の大まかな業務内容

業務内容

運送業界の中でも注目の軽貨物運送業ですが、実際の配送業務はどのような内容となるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
どのような仕事があるのかを知ることで、多くの仕事の中から自分に合ったスケジュールの業務プランを検討することが重要です。
ここでは、軽貨物運送の業務内容のうち、ルート配送業務・緊急配送・宅配業務を組み合わせた3つのパターンをご紹介します。

定期・専属の場合

平日の日中を中心とした配送パターンで、朝出社して車両の点検を行った後、午前中は市内5件前後のルート配送と宅配で定期便・専属便を配送して昼食休憩に入ります。
午後は、同様に市内10件前後の配送をし、夕方17時頃に帰社して18時前には終了となります。
さらに、プラスで土曜か日曜にチャーター緊急便の仕事を入れることも可能です。

チャーター緊急便パターンの場合

仕事前日の夜に荷物を積み込んだ上で、自宅を出発します。
隣市の配送先に朝9時頃までに緊急配送し、会社近くの待機場所へ移動し昼食休憩に入ります。
配送センターからの依頼を受け、最寄の空港へ商品の受け取りに向かい、荷受け後、配達先の隣県には15時前後に到着となります。
夕方18時頃に帰社し終了です。

チャーター緊急便と定期・専属便パターンの場合

午前中はチャーター便として隣市などへの配送、午後は市内にて10件程度のルート配送・宅配をこなします。
このように、無理のないスケジュールで仕事を組み立てましょう。

ニュース

2018/09/19
軽貨物の大まかな業務内容を更新しました。
2018/09/19
軽貨物で稼ぐチャンスを見つけるを更新しました。
2018/09/19
個人事業主としても働きやすい!を更新しました。
2018/09/19
軽貨物運送の仕事に合う人ってどんな人?を更新しました。

記事一覧へ