遺品整理をプロに任せてみませんか?

遺品整理と不用品回収の違い

悩む女性

遺品を整理する場合は、遺品整理の業者と不用品回収の業者に頼むことができます。ここでは、遺品整理と不用品回収の違いについてご紹介しましょう。
遺品整理というのは、亡くなった人の持ち物を、処分するものと残すものに分けることです。遺品は、処分するものがあまりないかも知れませんが、全部を残すと気持ちの整理がなかなかつかない場合もあります。そのため、残すのは本当に大事なもののみにして、これ以外のものは処分しても問題ないでしょう。業者に遺品を整理してもらう場合は、親族の人ができる限り同伴しましょう。同伴がどうしても困難な場合は、事前に処分するものと残すものを詳しく業者に必ず伝えておきましょう。業者に遺品を整理してもらうと、代わりにきちんと寺社で焚き上げを行なってくれます。しっかりと遺品を供養して処分を行いたいと思っている場合は遺品を整理する業者に頼むのがおすすめです。
一方、不用品回収というのは、主として普通のゴミや不用品の回収、処分をするものです。遺品を整理することを不用品回収の業者に頼むこともできます。処分するものは、業者が回収して、処分が普通ゴミなどと同様に行われます。供養などは一切この際に行なわれません。
必ず供養が必要ということではありませんが、供養が遺品については必要ないと思っている人もいるでしょう。この場合は、処分を普通の不用品として行ってもいいかもしれません。供養がないため、費用は遺品整理業者よりも一般的に安くなります。

最新記事一覧